債務整理って?

毎月の支払い地獄から解放されて再スタートが図れる法制度

借金が多くなったら支払いに追われて精神的や生活上不便であったりすることが出てきますね。
だからといって支払えないものは支払えないので、減額したり免除したりしないと解決策はありませんね。
そこで、借金を減額したり返済の免除をしたりすることで生活の再建を図れるように法的にしたのが
債務整理です。
手続きだけをすれば債務整理で借金の減額や返済の免除は出来ますが、なんにもなく債務整理が
出来るといった簡単な話ではありません。
本当に返済が出来なくてどうしようもなくなった人の為の手続きなので、
デメリットを受ける必要性が出てきます。
代表的なのがブラックリスト入りです。
ブラックリスト化されるとクレジットカードが持てなくなったり、新規で作ることも出来ません。
また、今では当たり前のように扱われている携帯電話やスマートフォンの分割購入が不可能になったりします。
さらには賃貸の新規契約や更新などにも関わってくるかもしれません。
それだけのデメリットが覚悟出来るのであれば、債務整理をする方が良いでしょう!!

 

消費者金融などの貸金業者からの取り立てが止まる

債務整理をすれば借金の取立てが止まります。
これは弁護士や司法書士が取引業者へ通知を送る為です。
通知を送ればあとのやり取りは弁護士や司法書士と取引業者の間でしかしてはいけないことになっています。
なので、依頼をすれば取引業者は個人に取立てや連絡をすると違法になってしまいます。

債務整理の進め方としては現状の借金がいくらあるのかと収入がいくらぐらいあるのかの現状把握です。
そして一定期間は返済がストップします。
その間にお金を貯めておくのがベストです。

もし今までに無駄な利息分を返済しているのであれば、現状の利息に引きなおして、その分が返還されるようになります。
この返還されることを過払い金請求と言います。
テレビCMやラジオなどで言われている単語なので一度ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。
過払い金がなければ弁護士や司法書士が業者と交渉をするか、裁判所にて手続きするのかが別れます。

裁判所にて手続きするのであれば「個人再生」「自己破産」ですし、裁判所を通さずに直接交渉をして手続き
するのであれば「任意整理」です。

裁判所を通すほうが一般的にはデメリットは多いですが、その分減額が大きかったり免除があるメリットがあります。

任意整理では整理先が選べるので住宅など債務整理としての対象外として外すことが可能ですし、
交渉によって返済プランが変わったりします。
融通が利くのが任意整理といえますね。

任意整理を始めとする借金問題は専門家へ相談する事から始まります。

専門家には弁護士、司法書士がいますが、その借金相談におすすめの弁護士ランキングTOP3を探す。

債務整理体験を元に借金返済に困った人への救済サイト